太陽光発電システムとはどのようなものですか?
 太陽光発電の長所は?
 設置できる屋根は南向きだけですか?
 発電した電気を貯めておくことはできますか?
 各種自然災害に対する対策は?
 雷は落ちやすくないですか?
 曇りの日が続いたら電気が使えなくなりますか?
 太陽電池表面の掃除は必要ですか?
 風に対する強度は?
 停電した時は使えるの?
 
 
 
 太陽光発電システムとはどのようなものですか?

 
太陽の光のエネルギーを電力に変換して、建物内または構内設備に電力を供給するシステムです。
建物内または構内設備での電力使用量より発電量が多く余った場合は、
電力を電力会社に売電することができます。

 
↑ 質問一覧へ戻る
 
 太陽光発電の長所は? 

 
太陽の光を電力に変換するため、環境にとてもやさしい発電方式です。
また、自家発電が可能なため、毎月の電気代を抑えられることが可能です。
太陽光発電は保守が容易で、長寿命です。

 
↑ 質問一覧へ戻る
 
 設置できる屋根は南向きだけですか?

 
屋根の方位によって年間の日射量が異なることから、発電量も異なります。
日射量の少ない北面への設置はお勧め出来ません。
※南面を発電量100%とした場合、東/西面は約85%、南西/南東面は約96%となります。

 
↑ 質問一覧へ戻る
 
 発電した電気を貯めておくことはできますか? 

 
太陽光設備だけでは蓄電機能はございません。
現時点では、蓄電池はコストが高く寿命が短いため、一般的には普及していませんが、
当店では最新のお安く、とても効率的な蓄電池をお取り扱いしておりますので、
ぜひともお気軽にご相談くださいませ。
 

 
↑ 質問一覧へ戻る
 
 各種自然災害に対する対策は?

 
●雷
過去30年の間に、太陽電池が直接落雷を受けたという事例は極めて稀です。
落雷の懸念が全くないわけではありませんが、太陽光発電システムとしての落雷対策は、
回路内で誘導雷対策を行い、被害を食い止める策をとっています。
 
●地震
屋根への荷重は通常の建築物では問題ありません。太陽電池モジュール等はねじれ、
振動などに関する試験や強度計算により、十分な検討の上設計されています。
 
●風、台風
屋根への太陽電池の取り付け強度は建設基準法にもとづき、強風にも耐えるよう設計されています。
 
●雪
積雪量に応じた太陽電池モジュール・架台と推奨傾斜角度が用意されており、
積雪によって発電量は減りますが壊れることはありません。
 
●雹(ひょう)
モジュールのガラス面はJIS規格に適合した約3mm厚以上の強化ガラスを使用しているため、
雹(ひょう)で割れることはまずありません。
耐衝撃性能は通常の屋根材と同等と考えてください。

 
↑ 質問一覧へ戻る
 
 雷は落ちやすくないですか?

 
過去30年間に太陽光電池が直接落雷を受けたという事例は極めて希です。
住宅の屋外に設置されている他の電気機器と同様で、
太陽電池だからといって落雷を受けやすいことはありません。
太陽電池システムとしての落雷対策は、回路内に一定性能の
サ-バ-アブサ-バ-(避雷素子)等を組み込み誘導雷の被害を食い止める策を取っています。

 
↑ 質問一覧へ戻る
 
 曇りの日が続いたら電気が使えなくなりますか?

 
曇りや雨の日でも明るければ発電しますが、自家消費の不足分は電力会社から買って補えます。

 
↑ 質問一覧へ戻る
 
 太陽電池表面の掃除は必要ですか?

 
砂塵・土埃などの汚れは、傾斜があれば降雨により流されるため清掃はほとんど必要ありません。
またガラス面の汚れによる発電効率の低下は約3%と僅かです。

 
↑ 質問一覧へ戻る
 
 風に対する強度は?

 
屋根への太陽電池の取り付け強度は風速60m/s(地上15m)でも耐えられる様設計されています。

 
↑ 質問一覧へ戻る
 
 停電した時は使えるの? 

 
晴天の昼間であれば、専用コンセントから最大1,500W(100V/15A)まで使用できます。
なお、発電量は天候により変動し、使用している機器の負担よりも発電量が少ないときは運転を停止します。

 
↑ 質問一覧へ戻る
 
 
 
詳しくお話を聞いてみたい、相談してみたいという方は、
下記のボタンよりお問い合わせページのフォームにてご相談を入力してください。
 
弊社より、後日ご連絡させていただきます。